上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秋が来る前に予防接種を済ませておこうと思って
春から、次男の水ぼうそうやら次女の肺炎球菌やら
次々に済ませてきました

ところが、長女の日本脳炎だけ
まだ受けるに至っていないのです。

副作用問題でストップしていた年代でもあり
半年ぐらい前に追加接種の用紙が送られてきたのはいいんだけど
母子手帳を見ても過去の記録がない…

確か…確か…
1回か2回ぐらいは受けていて
半ペラの紙を母子手帳に挟んでいたんだけど
ちゃんと糊付けやホチキス留めはしてなくて
そのうち任意接種に切り替わって
「あ、もう受けなくていいのね」
とか思って…ポイしてしまったような

当時は予防接種の記録がそんなに大事だとは
全然わかってなかったんだよね。

とにかく保健所から受けろっていう知らせがあれば受けて
受けりゃそれでもういいだろうみたいな。

当時は年子の育児と、家庭内のいろんな問題で
メチャメチャ忙しかったし…というのは
言い訳にはならないけど。

結局、今になって
不活化ワクチンは回数オーバーすることできないとか
過去に受けた回数がわからない例がないとかで
お医者さんと話し合いつつ、まだ接種しかねている。

子どもが中学生になっても必要な記録だから
とっても大事なんだってことは
今、小さい子を育ててるママたちには
しっかり伝えておきたいな…って思ったよ。

上手に保管・活用するためには
母子手帳ケースってかなり重要かも。
関連記事

テーマ : 育児 - ジャンル : 育児

tag : 予防接種 母子手帳

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。